レゴ WeDo 2.0 for home byアフレルとは?自宅用LEGOロボットプログラミング教材

レゴ WeDo 2.0 for home

ママ

幼児期からレゴを使ってプログラミングを楽しめる教材があるって聞いたんだけど。

 

アフレルのレゴ WeDo 2.0 for home byアフレルですね。

プログラミング教室でも使われている有名なLEGOプログラミングロボット教材です。

きき

 

プログラミング教育が小学校で必修化され、子供にプログラミングを習わせたいと思うパパママが増えています。

コロナの影響で通学型の教室に通いにくいなかで注目されているのが、自宅向けのプログラミング教材。

なかでも、レゴブロックを使うロボットプログラミング教材「レゴ WeDo 2.0 for home byアフレル」は大人気です。

 

この記事では、アフレルのレゴ Wedo2.0 for home byアフレルの特徴と魅力を紹介します。

 

世界的にも有名なレゴブロックを使ったプログラミング教材です。

子供にプログラミングを習わせたいと思っているパパママは、ぜひ読んでみてください。

きき

【詳しくはこちら】

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレル

 

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレル(自宅向けLEGOプログラミング教材)とは

レゴ WeDo 2.0 for homeとは

レゴ WeDo 2.0 for homeとは、レゴブロックで作ったロボットをプログラムで動かす、ロボットプログラミング教材です。

株式会社アフレルが販売しており、自宅で取り組めるプログラミング教材として口コミで評判になっています。

 

レゴ WeDo 2.0 は、90を超える国や地域、6,000以上の日本国内の教育機関で使われている世界的なプログラミング教材です。

レゴWedo2.0プログラミングの実績

 

①自分でレゴブロックを組み立て、②プログラムを組んで、③動かすという3STEPでプログラミングを学べるのが特徴です。

レゴWedo2.0

自分で作ったロボットを自由自在に動かせるので、子供はすぐにプログラミングの魅力に引き込まれます。

また、理解度に応じてプログラミングを学べるので、自信を失わず、楽しみながら学ぶことが可能です。

 

レゴ WeDo 2.0 for home by アフレルの基本情報

商品名

出典:レゴ WeDo 2.0 for home byアフレル
メーカー 株式会社アフレル
対象年齢 5歳以上
メーカ小売価格 税込35,970円
同梱内容 レゴWedo2.0の種類に記載
推奨環境 ソフトウェアの推奨環境はアフレル公式サイト参照
電池 単3形乾電池2本またはスマートハブ用充電池(別売)

 

レゴ WeDo 2.0の種類

レゴ WeDo 2.0には、「for home」のほかに「基本セット」と「スターターキット」があります。

それぞれ同梱内容が異なるので、購入時には注意が必要です。

レゴ WeDo 2.0の種類 同梱内容
レゴ WeDo 2.0
基本セット
・レゴブロック280ピース
・専用ケース
・仕分けトレイ用シール
・スマートハブ
・パワーモーターM
・モーションセンサー
・チルトセンサー
・WeDo 2.0基本ソフトウェア/カリキュラムパック
レゴ WeDo2.0
for home
・レゴ® WeDo 2.0基本セット
・WeDo 2.0 for home by アフレルサポートガイド
・We Do 2.0 for home by アフレル①号(マイロ)
・宇宙探査シート
・WeDo 2.0 for home by アフレル②号(しゃくとりくん)
・お花ばたけシート
・We Do 2.0 for home by アフレル③号(ざうるすさん)
・じゅらしっくシート
・We Do 2.0 for home by アフレル④号(あひるちゃん)
・はす池シート
・We Do 2.0 for home by アフレル⑤号(うさぎさん)
・はらっぱシート
・We Do 2.0 for home by アフレル⑥号(はらぺこクマちゃん)
・森のお店屋さんシート
・すてっぷファイル
・すてっぷシール
レゴ WeDo 2.0
スターターキット
・レゴ® WeDo 2.0基本セット
・WeDo 2.0セットアップガイド[WRWG2001] ・WeDo 2.0プログラミングガイド

 

基本セットは、レゴブロックとそれを動かすパーツ、ソフトウェアのセットです。

テキストが含まれないので、独学でプログラミングを学ぶ必要があります。

 

スターターキットは、基本セットに加え、ソフトウェアを使ったプログラムの基礎や、モーターなどの使い方を説明したガイドが付属します。

 

for homeは、基本セットに加えて家庭学習用のテキストが付属します。

オリジナルモデルの組立図やプログラムのサンプル、ワークブックが付属するので、講師無しでも自宅でプログラミングを学べます。

保護者向けのサポートガイドブックは、親子で取り組むときに役立つアイテムです。

 

基本セットやスターターキットは、プログラミング教室や、プログラミング学習の経験のある人向けです。

初心者が自宅でプログラミング学習をするなら、レゴ WeDo 2.0 for homeが向いています。

きき

 

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレルの遊び方3つ

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレルの主な遊び方は3つです。

レゴWedo2.0プログラミング

  • レゴブロックを組み立てる
  • プログラミングをする
  • 動かす

 

レゴブロックを組み立てる

レゴ WeDo 2.0 for homeは、レゴブロックを使って作品を組み立てるところから始めます。

幼児期から小学校くらいの子供は、レゴで作るのが大好きです。

自由な発想で思いどおりの作品を作ります。

 

レゴブロックは子供にお馴染みのオモチャなので、興味を持って取り組んでくれるはずです。

楽しく遊ぶことで、次段階のプログラミングにもスムースに移行できます。

きき

 

プログラミングをする

専用のソフトウェアをタブレットなどにダウンロードし、プログラミングをします。

アイコンをドラッグ&ドロップするだけでプログラムが組めるのが特徴です。

パズルゲームをプレイするような感覚で、子供でも直感的に操作できます。

 

簡単な画面操作だけでプログラムを組めるので、5歳の子供でもすぐプログラムの組み方を覚えていました。

きき

 

動かす

自分で組んだプログラムを、Bluetoothでレゴロボットに転送して動かします。

プログラムに応じて自在にロボットを動くので、子供のプログラミングへの理解が深まり、興味関心も増します。

ひらめきをカタチにできる面白さは、子供の知的好奇心を大いに満たしてくれます。

 

自分が作ったレゴの作品が思いどおりに動き出すと、子供は驚き感動してよりレゴWedo2.0 for homeの世界に引き込まれていきます。

きき

 

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレルの魅力

レゴ WeDo 2.0 for homeの魅力

レゴ WeDo 2.0 for homeの魅力は6つあります。

  • 幼児期から学習できる
  • 自宅でいつでも学習できる
  • プログラミング教室より安い
  • プログラミング的思考が身につく
  • 直感的にプログラミングができる
  • プログラミングのモデルが充実している

 

幼児期から学習できる

レゴ WeDo 2.0 for homeの対象年齢は5歳からです。

就学前にプログラミング学習を始めれば、入学前から小学校の授業に備えられます。

また、子どもの脳は年齢が低いほど吸収力が高いので、効果的に早期教育ができるというメリットもあります。

 

テキストには工程ごとにイラストがありますし、ソフトも感覚的に操作できるので、5歳の子供でもプログラムを組めていました。

きき

 

自宅でいつでも学習できる

子供にプログラミングを学ばせるなら、教室に通わせるのが一般的です。

でも、住んでいる地域によっては近くに教室がない可能性があります。

また、コロナの影響が続くなか、子供を教室に通わせることに不安を感じるかもしれません。

 

レゴ WeDo 2.0 for homeは、自宅用のプログラミング教材です。

詳しいテキストやプログラミングモデルが付属するので、親子とも初心者でも自宅で無理なく学習を始められます。

 

プログラミング教室より安い

プログラミング教室に通わせると、月1万円くらいはかかります。

子供の将来に役立つ習い事ですが、決して安くはありません。

 

レゴ WeDo 2.0 for homeは税込35,970円で、これだけ見ると安いとは言えません。

でも、子供のプログラミング学習は長いスパンで続けるものです。

例えば、1年間続ければ税込2,997.5円(税抜2,725円)、2年間続ければ1,498.75円(1,362.5円)で、教室よりリーズナブルです。

レゴ Wedo2.0プログラミングのコスパ

 

自宅向けのプログラミング教材としても、エムボット(embot)ほどではありませんがお手頃価格ではありますね。

きき

 

プログラミング的思考が身につく

小学校でプログラミング教育では、子供にプログラミング的思考を習得させることを目的としています。

プログラミング的思考とは、目標を達成するために物事を論理的に考えていくための力です。

文部科学省の定義は、次のとおりです。

「自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」

引用:プログラミング教育:文部科学省 (mext.go.jp)

 

レゴ WeDo 2.0 for homeなら、子供は遊び感覚で取り組み、自然にプログラミング的思考を身につけることができます。

 

直感的にプログラミングができる

レゴ WeDo 2.0 for homeのソフトウェアは、子供でも直感的に操作できるように設計されています。

子供向けのプログラミング教材の中でも質が高く、子供はゲームでもするかのように取り組んでくれます。

 

5歳の子供でも、親が教えるとすぐ操作方法を覚えてくれました。

難しいプログラミング言語ではなく、馴染みやすいブロックで操作できるのが良い感じです。

きき

 

プログラミングのモデルが充実している

プログラミングのモデルが充実しているのも魅力です。

アフレル独自のモデルやプログラムのサンプルが付属するので、初心者でも抵抗なく取り組めます。

 

プログラミング用のキットだけが入っている自宅向けプログラミング教材が多いので、サンプルがあるのはありがたいです。

きき

 

レゴ WeDo 2.0 for homeにデメリットはある?

実際に使ってみて、気になる点はいくつかありました。

  • 1つ1つのレゴブロックが小さい
  • 未就学児には難しいところがある
  • スマホを利用できない

 

まず、レゴブロックが小さいです。

対象年齢の5歳以上なら食べる心配はありませんが、弟や妹がいると誤飲のリスクがあります。

ブロックの管理には細心の注意が必要です。

 

長男が組み立てに熱中しているそばで、2歳の二男がブロックを口に入れようとし、ヒヤッとしたことがあります。

きき

 

また、非常に多様なプログラミングを実践できる反面、5~6歳には難しい内容も含まれます。

操作自体は簡単なのですが、プログラムの意味が理解できないところはあります。

 

変数や引数を使うようなプログラムは、5歳の子供には難しいようでした。

きき

 

レゴ WeDo 2.0 for homeのソフトウェアは、タブレットかパソコンで利用する必要があります。

スマホでは利用できないので、注意しましょう。

 

公式ではタブレットが推奨されています。

パソコンでも環境により不具合が出ることがあるので、事前に公式サイトで仕様をチェックしておきましょう。

きき

 

【詳しくはこちら】

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレル

 

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレルの口コミ・評判

レゴ WeDo 2.0 for homeの口コミ評判

レゴ WeDo 2.0 for homeの口コミ評判をSNSから集めました。

 

初心者にとっては、テキストどおりにやればレゴロボットを動かせるのが本当に助かります。

きき

 

 

5歳の子供でも、親と一緒になら本格的なプログラミング学習ができます。

きき

 

 

クリスマスプレゼントなどで子供にあげるパパママも増えていますね。

きき

 

 

ドはまりするんですよね、本当に。

それにつられて親もハマり、親子で熱中してしまう面白さです。

きき

 

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレルが向いている人

レゴ WeDo 2.0 for homeが向いている人

向いている人を子供とパパママに分けて紹介します。

 

レゴ WeDo 2.0 for homeが向いている子供

  • レゴブロックが好き
  • 工作やロボットに興味がある
  • 5歳以上のプログラミング経験がない

 

レゴブロックが好きで、工作やロボットにある子供にはピッタリのプログラミング教材です。

難しい言語が必要ないので、対象年齢である5歳以上の初心者にピッタリと言えます。

 

レゴ WeDo 2.0 for homeが向いているパパママ

  • 子供に自宅でプログラミングを学ばせたい
  • 親子一緒にプログラミングを学習したい
  • 学習コストをできるだけ抑えたい

自宅で親子一緒にプログラミングを学習したい人向けです。

また、教室よりもリーズナブルなので、学習コストを抑えたい人にも向いています。

 

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレル(子供向けプログラミング教材)のまとめ

レゴ WeDo 2.0 for homeまとめ

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレルは、プログラミング経験のない子供が楽しみながら学習できる教材です。

講師なしでプログラミングを学習するためのテキストやモデルがついているので、自宅で親子一緒に学習できます。

パパママ向けのサポートブックも付属し、プログラミング経験のない親でも安心です。

 

プログラミングは、これから国語や算数以上に重要になるスキルです。

今のうちに子供に始めさせてあげませんか。

 

【詳しくはこちら】

レゴ WeDo 2.0 for home byアフレル

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。